九月 27, 2021

クアラルンプールのバツー洞窟とその体験

クアラルンプールコミューターは、そこに着くのに1リンギット、2リンギット戻る(それがあなたを得る方法です!)

約30分かかり、30分ごとに出発します。電車でキスしない! (食事なし、喫煙禁止などの通常の標識とともに)

有る 巨大な緑のハヌマーン (猿の神)最初の門を過ぎたところに、ほとんどの猿が見えました。多くの人々は彼らにココナッツを与えましたが、いくつかはゴミ箱のダイバーであり、多くの猿が食べたゴミからスクランブルエッグのように見えるものの袋を引き出しました。母親に愛着のある赤ちゃんさえいました。


ある神社はハヌマーンのすぐ後ろにあり、別の神社は左手前にあり、階段を上っています。

歩き続けると、巨大な像に着きます。ここから、階段(260段)を登って神社の実際の部分を見ることができます。神社も猿でいっぱいです。あなたは洞窟に入ることができ、2つの(?)神社(および神社である可能性があるより多くの像)とあなたが支払う必要がある1つがあります。私たちはそれを見ることができたので、それをしませんでしたし、そこに行く宗教的な理由もありませんでした。

人が少なく猿が多いので、私は実際に地上レベルの部分が好きです。


戻る途中で、私たちが止めたステップ 暗い洞窟 (右の方へ)。最近保存され、45分間のツアーまたは3時間のツアーに参加できます。それにはお金がかかり、おそらくあなたはあまり見ることができないだろうと私たちはそれに反対しました-それは本当に暗いです、彼らはあなたにトーチ/懐中電灯を与えなければなりません。

登山を終えた後、南インド料理を試してみましたが、あまり感銘を受けませんでした。南インド料理、Rawa Thosai(タマネギのパンケーキ)、または私たちが入った店(そしておそらく他の店も)は、彼らが観光地で一生懸命努力する必要はないと考えていたのが好きではありません。彼らはまた、私たちが望んでいない鶏肉を私たちに与えることを主張し、それから私たちにそれを請求しました。

私はその地域で食事をしないで、もっと中心にあるものに行きたいと思います。



クアラルンプールのバトゥ洞窟がカラフルで神秘的だった...!【マレーシアVLOG】 (九月 2021)