1月 20, 2021

フィンランド:ホッサ国立公園での食事-写真ガイド

で朝食、昼食、夕食を楽しむより良い方法はありません ホッサ国立公園、それを選んだり、捕まえて、直火で自分で調理するよりも。これは、訪問中に自然の食事を楽しむための楽しい方法ではなく、実際には地元の人たちにとっても非常に一般的な習慣です。

地元の人々の約60%が実際に森の果実を趣味として選んでおり、 彼らは地元の食料品店や外国貿易のために約2000万キロを売ります. どうして? それは家族にとって楽しい趣味であり、地元のハーブ、ベリー、キノコは優れた健康上の利点があるためです。両方の長所!

この写真ガイドで試してみたおいしい地元の食事(森林と湖で採れた新鮮なもの)をいくつか見ることができます。また、このおいしい一般的なベリー、キノコ、ホッサ地区で見つかった魚と肉。


で立ち寄る信じられないほどの機会がありました ヴァンハ 栗毛レストラン 地元の土地から来る最高の食材を試すために、ホッサ国立公園(カジャアニ空港から)に向かう途中のスオマサルミで。これらのおいしい写真の多くは、Vanha Kurimoでの最初の昼食からのものです。自分で立ち寄ることに興味があるなら、彼らのウェブサイトをチェックして、彼らに電話をしてください。レストランは毎日営業していませんが、特別な機会に予約することができます。

ホッサ国立公園で見つかった一般的な食用ハーブ

  • たんぽぽ
  • ローズベイウィローハーブ
  • イラクサ
  • バーチの芽と葉
  • スプルースのヒント
  • 女性のマントルピース

ホッサ国立公園で見つかった一般的なベリー

  • ビルベリー(スノキ属myrtillus)
  • クラウドベリー(Rubus chamaemorus)
  • リンゴンベリー(スノキ属vitis-idaea)
  • クロベリー(Empertrum nigrum、E。hermaphroditum)
  • ナナカマド(ナナカマド)
  • クランベリー(スノキ属oxycoccos、V。microcarpum)

ホッサ国立公園で見つかった一般的な食用キノコ

  • ポルチーニm(Boletus edulis)
  • ベニタケ
  • 羊毛乳キャップキノコ(Lactarius torminosus)
  • ルーフードミルクキャップマッシュルーム(Lactarius rufus)
  • 銅の脆いg(Russell decolorans)
  • アンズタケきのこ(Cantharellus cibarius)
  • トランペットアンズタケキノコ(Cantharellus tubaeformis)
  • ヒツジポリモアキノコ(Albatrellus ovinus)

ホッサ国立公園で見つかった一般的な魚

  • ノーザンパイク
  • 止まり木
  • ブラウントラウト
  • 川マス
  • グレイリング
  • ラバレット

丈夫なトナカイのスープやムースバーガーを探しているなら、運が良ければ試してみてください。 ホッサトナカイファーム 食欲をそそるトナカイとジャガイモのスープを提供しています。

ホッサ国立公園の食用林についてもっと知りたいですか? www.arctic-flavours.fiをご覧ください