九月 27, 2021

ガララテ:イタリアでの夢の休暇に列車に乗る

カテリーナがミラノの北西約50 kmにあるマルペンサ空港でイタリアに到着した後、彼女は街に向かう必要があります。

まず、彼女は近くのガララテの町までタクシーに乗って、トレニタリア(www.raileurope.com/Trenitalia-Italy)と呼ばれる地元の鉄道システムに乗ります。このローカル鉄道は、マルペンサ空港から直接アクセスすることはできませんが、最近まで、マルペンサに飛んでから電車に乗る唯一の方法でした。

ガララテからの電車は、ミラノ最大のターミナル、中央駅に行きます。ガララテには、約1〜2ユーロの小額の料金でマルペンサ空港からバスで行くこともでき、バスは終日定期的に空港から出発します。もちろん、ミラノを含むマルペンサのバスターミナルから他の多くの都市へのバス路線もあり、旅行全体にバスを利用したい人向けです。


ガララテ駅にいるとき、カテリーナは中央駅に直接連れて行く電車を求めます。途中で電車を乗り換える必要がありません。ガララテからミラノへの典型的な列車の切符は、実際に対話で述べたよりも安くなければならず、ミラノに到達するのに40〜60分かかります。

1999年に開業したマルペンサエクスプレスと呼ばれる新しい独立した鉄道システムは、30分ごとにマルペンサのターミナル1地下階から直接出発します。名前が示すように、この列車はミラノに直接行きますが、小さな駅、Stazione Cordonaで終わります。マルペンサエクスプレスの列車は、コンパートメント間のファーストクラスの座席と荷物エリアのみを備えた新しい列車です。

直行便は午前中と深夜に利用できますが、日中はミラノへの途中でさらに40分間の停車があります。