1月 20, 2021

タワーだけでなく、ピサの見どころはありますか?

ピサには傾いた塔以上のものがありますか?

まず最初に。ピサの斜塔はどこですか?

それで、ピサの斜塔はピサにあると思います。


ピサはどこで、何ですか?

ピサは、フィレンツェから約90分のアルノ川沿いにある小さなトスカーナの都市です。 3.9度の傾斜で座る有名な鐘楼(鐘楼)で世界的に有名です。

タワーだけでなく、ピサの見どころはありますか?


もちろん、あります!タワーは間違いなくこの美しいトスカーナの町を地図上に置いたものですが、それはすべての都市が提供するものではありません。塔のあるミラコリ広場(かつてドゥオーモ広場で知られていました)は、見るべき数少ない素晴らしく美しいものの1つにすぎません。

ピアッツァデイミラコリに向かい、傾斜塔を登る前に、その場所が提供する他のすべての場所で一杯飲みましょう。広場の中心、サンタマリアアスンタ(聖母マリアの被昇天教会)に捧げられた驚くほど美しい大聖堂から始めます。これは1092年に建てられ、完成時にはヨーロッパ全土で最大の大聖堂でした。さらに印象的なのは、トスカーナで建設された数百ものロマネスク様式の教会の基礎となるモデルとしても使用されたことです。

次に、大聖堂の真向かいにあるのは、洗礼者聖ヨハネに捧げられた素晴らしい洗礼堂です。ロマネスク様式で建てられましたが、後に追加されたロジアとドームはゴシック様式で建てられています。この目を見張るほど大きく、華やかに装飾された構造は、実際、イタリアで最大です。イタリアの夏の太陽の暑さから逃れ、中に足を踏み入れると、その印象的なサイズの重さが本当に遠近感を感じます。

そしてもちろん、最後にメインイベントであるピサの斜塔としても知られるカンパニールに注目してください。大聖堂の後ろにあるこの象徴的な建物は、完成するまでに約200年かかりました。建設は1173年に始まり、3番目のストーリーが完成する頃には、人々はその独特の無駄のないことに気付き始めていました。これは軟らかい土の上に建てられており、興味深いことに、地震の激しい揺れにかなり抵抗し、一部の科学者は塔が崩壊するのはほぼ不可能だと示唆しています。



Why doesn’t the Leaning Tower of Pisa fall over? - Alex Gendler (1月 2021)